新人ながら貴重な中継ぎ左腕に成長しつつあるジャイアンツ池田投手

ドラフト4位ながら開幕1軍を勝ち取り、徐々に登板機会を増やしつつあるのが、ジャイアンツの池田投手です。池田投手は新潟明訓高校から専修大学に進み、社会人のヤマハに進みました。昨年は都市対抗野球で好投しヤマハを優勝に導き、大会MVPにもなっています。野球がそれほど盛んではない新潟県出身という事で、強豪校がひしめく地域の野球レベルとは格段の差がある中でも、地道に努力を続け、24歳でのプロ入りを果たしています。社会人出身という事で、ある程度チームとしても即戦力として期待しているとは思いますが、その期待に良く答えているのではないかと思います。プロ初登板と開幕2戦目以降少しずつですが登板機会を与えられています。現在ジャイアンツには左の中継ぎとして、鉄腕と呼ばれている山口投手やFAで獲得した森福投手など経験豊富なベテラン投手がいますが、両投手とも全盛期のようなピッチングができていない状況なので、池田投手にかかる期待も大きくなってくると思います。これまでの野球人生のように着実に一歩一歩実績を積み重ねて行ってもらいたいです。ノーローン オススメ